ロード中...

新着情報

作成日時: 2014/03/17 シアリスの効果について

シアリスの効果について


ED治療薬のシアリスって女性が飲んだらどうなるのでしょうか?
シアリスが1番副作用がないと言われれいます。
従来の「ED治療薬」バイアグラ レビトラでは
効果継続時間が「4~6時間」で、食事の影響を受ける為
「いつ飲めば良いのか」と言う服用する
タイミングに気を使ったり、効果継続時間を
心配したりする方々がおられました。
シアリスは服用後36時間にわたり、
性的刺激に応じてのみ勃起機能を
改善する効果が認められており、
食事の影響も受けにくいとされています。
その為、性行為前の服用時の
タイミングや薬効が切れる前に、
性行為を終わらせなければいけないと
言った心配がなくなりました。

作成日時: 2014/03/17 何で女性の快感は男性より深いの?

何で女性の快感は男性より深いの?
よく女性の快感の深さというものは、男性の快感の深さに比べると、いやくらべものにならない、といわれます。比べるといっても同時に男と女の快感を知ることは無理なので、科学的?な根拠のようなものでも紹介しておきます。

女性がエッチのときに得られる絶頂感というのは、かなりの快感を味わうことができるといわれていますが、それというのも脳内に多量の快感物質が分泌されるため、というのが一般的です。

人間の脳内には、脳内麻薬とも呼ばれる快感物質が存在するのはご存知だと思いますが、その中でも『脳内モルヒネ』と呼ばれているβエンドルフィンには、強い鎮痛効果があることが知られています。

女性がエッチの際、絶頂に達したときには、このβエンドルフィンが多量に分泌されるようなのですが、そのことによって女性は、まるでモルヒネを打たれたときのような恍惚感を感じるというわけです。

若い頃には、それほどエッチが好きではなかった女性が、オーガズムを知るにつれて、男性を激しく求めるようになることがある、というのも脳内麻薬による一種の中毒症状のようなもののようなのですよ。

また、このβエンドルフィンは、女性が出産するときも多量に分泌され、分娩のときには陣痛をともないますが、脳内モルヒネが分泌されることで、女性は激しい痛みに耐え抜くことができるということらしいです。

男性が出産を経験したら、その痛みに耐え切れず死んでしまう、なんてことも聞きますけど、女性の体というのは、ほんとに神秘に満ちていますね。

作成日時: 2014/03/17 インポを治す方法はありますか?

インポを治す方法はありますか?


1.内服薬 ED治療の7割を占める代表的な治療法です。
内服薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が使用されます。

即効性があることと、手軽であることが特徴で、性行為の30分~1時間前に服用すれば、正常に性行為を行うことができるようになります。

2.ホルモン療法3.陰茎海綿体注射法4.陰圧式勃起補助具5.陰茎プロステーシス移植手術

作成日時: 2014/03/15 バイアグラの欠点

バイアグラの欠点

レビトラの真骨頂

ふたつめの理由は、バイアグラには、ある欠点があったことです。

実はバイアグラは、直前の食事の内容に、効果の出方が大きく左右されてしまうという特徴がありました。
脂質の高い食事やアルコールを摂取した直後にバイアグラを服用すると、効果が上手く発揮できないのです。

この点を、レビトラは克服しました。
やはり脂質が高すぎる食事を摂ったり、アルコールを大量に摂取した場合では薬の効き目が落ちることが確認されていますが、多少の量であれば問題なく効果が発揮されるようになりました。
食事内容に制限を受けにくい、というのは、バイアグラにはなく、レビトラに備わった大きな特徴だったのです。

これは性行為のタイミングを考えれば、大きなメリットであることがわかると思います。
デートの後、ホテルや自宅で、というタイミングが多い以上、事前に食事を摂ることが予想されます。
バイアグラを服用する場合、薬の効果のことを気にするあまり、食事を楽しむことができないかも知れません。
つまり、デートの後に、という場合には、バイアグラは不向きだったのです。

レビトラはその点でも、人々に受け入れられる素養が充分にあるED治療薬だと言うことができるでしょう。

作成日時: 2014/03/15 ばいあぐらとれびとらはどちらにも効果あり

ばいあぐらとれびとらはどちらにも効果あり
 高い効果

EDになるには、二通りの原因が考えられます。
そして、そのどちらの原因に対しても、ばいあぐらやれびとらは効果を発揮します。

器質性には、薬理効果で血管の拡張を行なうことで、一時的に正常な機能を取り戻します。
一時的な治療であり、根本的な治療とはなりませんが、繰り返し服用していくことで根本的な治療のように効果が働くこともあります。

心因性の場合は、バイアグラやレビトラなど、ED治療薬を服用して、正常な行為が行えるようになることで、心因的な原因の解決に繋がる場合があります。
心因性EDの原因は、意識層ではなく、さらにその下の無意識層にある場合も多く、原因の特定も難しいという特徴があります。
ばいあぐらやれびとらを服用して、半強制的に勃起を促し、正常な行為を体験することによって、無意識層の原因の特定、もしくは解決を図ることができます。

器質性の場合、根本的な治療には外科手術が必要で、自然に治癒することはほとんどありません。
心因性の場合は、ストレスの解消や、トラウマ体験の克服など、時間が治療薬の代わりをすることもありますが、確実性には乏しいと言えるでしょう。

いずれにせよ、バイアグラやレビトラの、ED症状に対する効果の高さは本物です。
今では世界中のEDに悩む男性が、いずれかのED治療薬を服用し、悩みを克服しています。

作成日時: 2014/03/15 バイアグラとレビトラは開発の発端

バイアグラとレビトラは開発の発端
狭心症の薬が

バイアグラとレビトラは、どちらも優れたED治療薬です。
中でもとりわけ、バイアグラについては、開発に至った面白い経緯があります。

もともと、バイアグラが何を治療するための薬であったか、ご存知でしょうか?
実は、最初からEDの治療のため、という名目で研究・開発されてきたわけではなかったのです。

バイアグラのもともとの目的は、実は狭心症の治療薬。
狭心症とは、心臓に血液を供給する動脈が硬化したり、痙縮などして、機能不全に陥り、血液の循環が上手くいかなくなるという恐ろしい病気です。
狭心症が進むと、心筋梗塞を起こす可能性が高まります。
血管が詰まってしまい、心臓が壊死してしまうのです。
当然、心臓が壊死すれば、全身への血液供給が止まり、死に至ります。

この狭心症を治療するために、バイアグラ、その有効成分であるシルデナフィルは研究されていました。
血管を拡張し、詰まりを改善することで、狭心症の治療が行える、と予想されていました。

しかし、臨床試験において、狭心症への治療効果は思いの外、奮いませんでした。
研究は失敗に終わったのです。
そこで、臨床試験の対象者に、余剰のシルデナフィル錠剤を返却するよう求めたところ、男性の被験者が返却を渋りました。
それは何故か。

実は、シルデナフィルを服用することによって、男性器の活動が活発に、つまり勃起が促進されたのです。
この効果をありがたがった男性被験者が手放したくなかった、というのが、バイアグラの開発の発端となりました。

作成日時: 2014/03/15 バイアグラが作用するメカニズム

バイアグラが作用するメカニズム

 勃起のメカニズムについて詳しく知っている人はほとんどいないと思われますが、だからこそ バイアグラに対して過剰に期待してしまうというものです。
バイアグラという薬の効果を正しく認識するためにも、勃起のメカニズムと関連付けて理解しておくべきでしょう。

まず、脳が性的に興奮すると、それがペニスの勃起神経に伝えられます。すると神経から、NO(一酸化窒素)が放出されます。
次に、NOが海綿体の細胞に作用します。そして、平滑筋拡張作用のあるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が産生されます。

cGMPは、ペニスの動脈を拡張させます。さらに、海綿体の平滑筋を拡張させるので、大量の血液が海綿体に流れ込むようになります。
こうして海綿体が膨張し、ペニスは硬く勃起した状態になるわけです。

ところが、一度勃起したペニスも時間が経てば萎えてしまいます。
これは、海綿体の細胞に cGMPを分解する働きのあるPDE-5(ホスホジエステラーゼ・タイプ5)という酵素が存在しているからです。

そしてバイアグラは、このPDE-5の働きを阻害する作用があります。
つまり、cGMPの分解を防いで勃起状態が持続できるようにしているのです。

多くのED患者は、cGMPの生産量が少なかったり、あるいは PDE-5の分泌量が多かったりします。
そこでバイアグラによってPDE-5の働きを弱めることで、cGMPの働きを最大限に引き出そうというわけです。

作成日時: 2014/03/15 バイアグラは催淫剤や精力剤と一緒に服用してはいけな

バイアグラは催淫剤や精力剤と一緒に服用してはいけな

い いくらセックスの興奮を高めたいと思っても、バイアグラとそれらの薬物類を一緒に摂るのはあまりにも危険な行為。

もしもニトロ剤と同じような硝酸化合物がそこに含まれていたら(その可能性も十分ある)、それこそ命を落としかねない。ムードづくりはあくまで自然に、自分の力で行なうこと。

作成日時: 2014/03/15 バイアグラを飲んではいけない人

バイアグラを飲んではいけない人

 ファイザー製薬が定めた禁忌事項は以下の通り、やはり、服用にあたっては、医師に相談するのが一番安全のようだ。

1.バイアグラの成分に対し過敏症の既往歴のある患者

2.硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の患者

3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者

4.重度の肝障害のある患者

5.低血圧の患者

(最大血圧が90mmHg未満、最小血圧が50mmHg未満)または治療により管理されていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上、または安静時拡張期血圧100mmHg以上)

6.脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある患者


7.網膜色素変性症患者

作成日時: 2014/03/15 baiaguraを飲んでも性欲がなければ勃起はしません

バイアグラを飲んでも性欲がなければ勃起はしません

 バイアグラは、アメリカ・ファイザー社が開発した勃起不全薬(ED治療薬)です。 1980年代に心臓病の治療薬として開発されましたが、有効成分シルデナフィルがインポテンスに効果のあることがわかり、1998年3月27日にFDA(米国食品医薬局)から販売の認可がおりました。

男性が性的興奮により勃起するメカニズムはペニス中の化学物質Cyclic GMPの働きと考えられていますED患者はGMPの分泌が少ない、もしくはGMPを破壊する酵素の分泌量が多いため十分な勃起を維持できません。これを改善するのがバイアグラです。

薬品名は「シルデナフィル」。商品名の「バイアグラ」はバイタルとナイアガラを組み合わせた造語。ナイアガラ瀑布のようなほとばしる力強さを表現したものといわれています。

勃起とは、ペニスの中にある2本の陰茎海綿体に血液が流れ込み溜まる状態であるが、普段は平滑筋細胞がこれを圧迫して、血液が流れないようにしている。男性が興奮するとサイクリックGMP体内の化学物質が分泌され、これが平滑筋細胞を弛緩させます。そして、血液が流れ込む。

しかし、EDの状態になるとこのサイクリックGMPを、PDE5というまた別の体内の化学物質が分解してしまう。そうなると、サイクリックGMPがなくなり興奮しても、平滑筋細胞が弛緩されなくなってしまう。

たとえば、水門を開くための鍵であるサイクリックGMPをPDE5がどんどん破壊してしまうようなもので、鍵がなくなり、この水門が開かれなければ、ペニスである海綿体には大量の水がいかなくなってしまう。バイアグラは男性の救世者ともいえる医薬品だが、性欲がなければ全く効果は期待できない。